むかし、むかし、本当にむかし、考えてみたんですね。→http://hondagiken-kikan.seesaa.net/article/436849048.html

これをちょっとまとめてみますね。

ホンダは数ある中でも珍しい最初からフル満了まで端数なく3ヶ月契約を繰り返す会社。

基本的にはホンダ鈴鹿の期間工は入社月によって大きく分けて以下の3つに分けられます。

【1月、4月、7月、10月入社組】
【2月、5月、8月、11月入社組】
【3月、6月、9月、12月入社組】

【1月、4月、7月、10月入社組】
年末年始連休で稼働日数が少なくなる月に満了金で補える。

【2月、5月、8月、11月入社組】
ゴールデンウィークと盆休みの分を満了金で補える。さらにはただでさえ日数が少ない2月も満了金で補える。

【3月、6月、9月、12月入社組】
年末年始連休の分を補える。

盆休みが11連休とかになった年もあり、その時の給料の額面はかなりがっかりしました。その時のことを考えると、【2月、5月、8月、11月入社組】が金銭面の部分でがっかりすることは少ないですね。前回は5月入社だったのでそのメリットは実感してますよ。


今から入社時期について考えます。

まずは短期決戦な人に向けて。短期決戦の人は短期で出来るだけ稼ぎたいという前提として話します。

「3ヶ月だけ」と決め打ちするなら年明けから1月27日ぐらいまで、盆明けから9月27日くらいまでの入社なら長期連休を一度も挟むことなく稼働日数が多いですね。

「3ヶ月だけ」の短期決戦で稼ぎたいなら最初から岡崎方面の赤いダイヤモンドの会社や豊田に本社がある会社、「いつまでも♪いつまでも♪」のトラック会社へ行けって話なんですが。

「6ヶ月」ならどこかで必ず長期連休を挟みます。出勤日数を減らさないためにも、長期連休を2回挟まないタイミングに入社するのが肝心です。

具体的には年明けから2月9日ぐらいで、GW明けから6月27日ぐらいまで、盆
休み明けから10月27日ぐらいまで。

半年だけって決めてるなら、広島方面の会社に行けって話ですが。



続けられるなら半年以上やってみたいのであれば、長期連休は2回は挟みますし1年以上やるならそもそも暦の要因を考えるだけ無駄です。

とは言っても入社に最適な時期というものはあります。真夏のくそ暑い時に入社しようものなら、慣れない環境プラス暑さで相当参ってしまいます。

それを踏まえて過去に書いた記事では「暑さの峠を過ぎた10月、11月ぐらいの過ごしやすい季節から始めるのがいい」って書いてますね。

その時はそう思ってましたし、デンソーに行ったときは10月に入社しましたから。

今年の工場内のインフルエンザの大流行を見ると考えは変わりましたね。

ホンダって入社してから半年経過してから有給休暇が10日付与されるんです。

7月〜12月入社の人は有給休暇が未取得の状態でインフルエンザの流行期を迎えてしまうわけです。

インフルエンザにかかって欠勤してしまうと、満了金支給の条件に響いてくるわけです。人によっては入社特別手当の支給条件にも。

暑さ、寒さを避けてインフルエンザの流行期には有給休暇を取得してる状態で迎える。この条件を満たす3〜5月での入社をオススメします

以上、今回の赴任において夏に入社してえらい目に遭った管理人がお伝えしました。

いつも応援クリックありがとうございます😊