◾️入社祝い金追加の件

以前の記事で、ホンダ鈴鹿が人手が不足していると書きました。すると動きがありました。


なんとアウトソーシング社の「期間工.jp」を通して、10月に選考して11月末までに入社すると3万円が追加で貰えるそうです。


さらに、2017年11月からは金額がアップしてました。11月末までに選考、12月末までに入社だとアウトソーシンググループから10万円貰えます。


(11/22追記)

アウトソーシンググループから貰える入社祝い金が17万円に増えてました。


もし、直近5年以内にホンダで3年満了(何度も言うけど2年11ヶ月じゃねえからな)の経験があるならば・・・

〈会社から〉
特別手当・・・10万円
経験者手当・・・10万円
生活立ち上げ準備金・・・2万円
〈紹介会社から〉
祝い金・・・10万円17万円

合計39万円

ホンダ未経験者なら

〈会社から〉
特別手当・・・10万円
生活立ち上げ準備金・・・2万円
〈紹介会社から〉
祝い金・・・10万円17万円

合計29万円

一度にその金額を貰えるわけじゃないけど、なんとなく見れる数字にはなった気がします。

◾️うまい立ち回り方を考えてみた

2017年6月以降入社の人から日給改定(改悪)があって、1年を越えてやるメリットがなくなりました。

なので、一番金銭面で特な立ち回りを考えた結果こうなった。

アウトソーシング社を経由して選考を受けて入社して、特別手当・経験者手当・生活立ち上げ準備金・入社祝い金をもらう(人によって22万円〜32万円)。

半年在籍で有休を発生させてから、9ヶ月か1年で満了退社する時に有休5日残して52,000円で買い取って貰う。

満了金はきちんといただく(9ヶ月なら合計33万円、1年なら合計48万円)。

他社に比べたら金額面では劣るけど、現場での仕事量から考えたら割りに合うかも。


▪️紹介会社を通して入るデメリットはあるか?

紹介会社を通したからって、待遇が変わるわけじゃないです。派遣ではなくて、職業紹介ですから←ここポイント

紹介会社を通そうと、直接ホンダへ面接行こうと、入社後はどちらも直接雇用の「期間従業員」。

ホンダでの選考を受けるまでに、紹介会社で選考or登録という入社までのプロセスがひとつ増えます。直接、ホンダ鈴鹿へ選考に行くよりひと手間がかかりますが、このひと手間で17万円貰えるならねー。

デメリットをひとつだけ言うなら、経験者・現役勢ならわかると思うけどホンダ鈴鹿って選考を受けてから入社するまで結構期間が空く。

「面接受けたら即採用(or翌日には採用通知が来て)で翌週には赴任」ってわけに行かない。そのせいで、選考には受かったものの入社辞退ってのが多い。自分のチームに配属予定だった人が入社辞退したってのは3件ほどあったし。

並行して受けてた会社が受かってそっちの方が入社時期が早いからそっちに行ったんでしょうね。

通常なら面接の後から入社まで3週間から1ヶ月半。去年なんて熊本地震の影響で面接4月、入社7月とかのケースもあったし。

今受けても、入社は12月最終週ぐらいじゃないのかな?


▪️最後に

それよりかマツダの入社祝い金が55万になってるじゃないか!!



いつも応援クリックありがとうございます。