2017年07月

鈴鹿8耐が終わって盆休みが視野に入ってきた

◾️週末は鈴鹿8耐でした

鈴鹿で過ごす夏も5回目なんですが、なんと・・・

初めて生観戦しました。とある寮みたいにBS(12チャンネルだっけ?)が見れたら、部屋で涼みながら観戦できるのにね。

さぁ、量産型まとめブロガーどもよ。ホンダ鈴鹿にはBSが見られる寮があるんですよ。早いもん勝ちだよ、書くのは(笑)

灼熱地獄は覚悟したんですけど、サーキット上空は厚い雲に終始覆われてて涼しかったですね。

続きを読む

マクラーレン・ホンダと違い、鈴鹿8耐というイベントは見限らない鈴鹿製作所スタイル

◾️鈴鹿8耐が迫る

鈴鹿8耐とは、ガッツリ言うと毎年鈴鹿サーキットで開催されるオートバイの大きいレース。

8時間耐久とは言ってるけど、コース近隣に暮らしてる人間からすればフリー走行や公式予選で走行するので8時間耐久どころじゃなくて4日間耐久なのです。

そんな鈴鹿8耐の決勝が次の日曜日、7月30日に行われるわけです。

そこで、もっとも悪質なことで定評のある期間工情報サイトを見てみましょう。


よくチェックしてる人なら気づきましたよね?

鈴鹿製作所の期間工面接って基本的に金・土・日に開催なんです。今週末は、木・金・土の日取りとなってます。

すると、ひとつの仮説にたどり着くわけです。

総務の奴らはそこまでして鈴鹿8耐を見たいのか?

続きを読む

Honda鈴鹿硬式野球部がほぼ完璧なミッションを遂行し最大公約数的幸福を実現したの巻

◾️色んな思いが渦巻く都市対抗野球2回戦

この話に行く前に前提条件おさらい

・7/24は会社カレンダーで元から休日
・7/25の決勝戦進出の場合は稼働休止
・稼動休止分は7/29に休日買上追加で対応

単に敗退することは最大幸福とはなりません。

なぜならば準決勝進出した場合は、25日のライン稼動の有無は24日18時開始予定の試合の結果がわかる20時過ぎにならないと判断できません。そんなことでは、ゆっくり連休を満喫することができません。

また、同僚従業員にはHonda鈴鹿の新エース、平尾投手ラブ😍な人がいます。Honda鈴鹿が敗退をするということは、先発が予想される平尾投手が打たれるという可能性が高いのです。

今回、Honda鈴鹿に課せられたミッションはとても難しいものでした。

平尾投手が好投をして、速やかに惜敗することが求められました。

そうして22日10時30分から行われた2回戦。
平尾投手、快投で9回無失点。そして延長11回1点差での敗戦。

Mission completed !

途中、三菱日立の選手がベースを踏み忘れて得点が取り消されてアウトというハプニングもありましたが。 


続きを読む

本田技研労働組合鈴鹿支部に裏のボス、いや真のボスの存在が急浮上したのである

◾️紆余曲折な7月25日の稼働日の取り扱い

都市対抗野球の決勝進出を想定した7月25日の稼働日の取り扱いが決定しました。

「7月22日の2回戦勝利で25日の稼働停止」と一旦はアナウンスされたんですが、「7月24日の準決勝勝利で25日の稼働停止」と変更になりました。

変更になったというか、収まるべきところに収まったと言えるわけです。

しかし、一度は会社側と組合側が同意して従業員に通達したのをひっくり返したのを考えると何か釈然としません。

管理人の中の小学生探偵が言います。

「あれれ〜?なんかおかしいよね〜?」

これは鶴の一声があったのか、何かしらの忖度があったに違いありません。

ちょっと前もライン残業の取り扱いで一度は実施が決定したのを後に取り消したことがありました。




続きを読む

鈴鹿製作所がダメなところに土曜日出勤をぶち込んできた件

◾️この先の予定

ホンダ鈴鹿では毎月初旬から中旬にかけて、次の月の土曜日出勤の有無の確定と3ヶ月先の勤務の見通しが発表されます。

今月は8月の土曜日出勤の確定分と、10月の予定が発表されました。

10月から管理人がいない方のラインもエレファント🐘です。あっちのラインの人は頑張ってね(他人事)。

自分には関係ない話なのでサラッと流しますね。

それよりも問題なのが同時に発表された10月の土曜日出勤です。10月の土曜日出勤は2回ぶち込んできたんですけど、そのうちの1回は10月7日です。

そうです、F1日本グランプリ🏁開催中の土曜日です。


 続きを読む

Honda鈴鹿硬式野球部が初戦勝利してしまったがため、製作所で話し合いが行われている件

◾️都市対抗野球開幕!

7月14日に開幕した都市対抗野球。同業他社の世界のトヨタさんが、開幕試合でサヨナラ満塁ホームランという派手な試合をやってますね。

ぜひとも東海地区のチームが優勝して日本選手権・来年度の都市対抗野球の東海地区の実質的な出場枠1増を目指してほしいです。


心配された動員も外野席も埋めて、上段もここまで埋めたので特定試合シード(金に物を言わせて自分の都合のいい日時に試合をできる制度)を行使した面目も立ったのであります。 

もちろん行きましたよ。ちなみになんですけど、AF-1のB勤の期間工に範囲を限定しますけど自分以外で3人発見しましたわ。意外と行ってましたね。


炎上系サウスポーの平尾投手が今日は神モードでした。ゆるふわ系でおなじみの守備も珍しくきっちりしておりました。


続きを読む

続続続続続、ホンダ鈴鹿のタバコ事情。と寮の設備について少し

このシリーズも数を重ねることに、頭の「続」が増えて行ってます。製作所内全面禁煙になるまでは続くとは思います。



◾️休憩所から喫煙所の名残がなくなる

4月3日からの新喫煙所の稼働により、各チームの休憩所にあった喫煙スペースは3月31日をもって機能を停止しました。

喫煙所稼働中、分煙対策として禁煙スペースと喫煙スペースとを隔てていた壁は5月中旬に取り払われました。

壁がなくなり休憩所が広く使えるようになりました。

今、入社すると各チームの休憩所に喫煙スペースがあったことなんてわからないでしょう。


◾️寮における変化

新稲生寮(解体済で現存せず)には共有スペースに、喫煙ルームがありました。

住吉寮は喫煙ルームがなく、共有部における喫煙はひとつは玄関先の喫煙スペースでとなってます。夏の暑さ・冬の寒さと四季を感じながら喫煙できる仕様となってます。もうひとつは談話室。談話室は土禁です。

住吉寮には旧新稲生寮、エスポワールと違いタバコの自販機がありました。



◾️これはどういう意図なのか

これは禁煙化の流れの一環しょうか?

自販機の撤去と言えば・・・


ここにあったアルコール自販機は、ぬるいアルコールを提供してくれました。ただ単に冷却機能がダメになったので撤去したのだろうか?

残った方のアルコール自販機も算数が弱い時があってお釣りをちょろまかされたことがあります。

自販機を運営してる会社から「損したお金返すで、今どこおるん?」的な電話をもらいました。しかし、平日の15時という1勤でも2勤でも平常でもどの勤務でも電話を出れない時間帯にかけてきた無能でした

脇道に逸れましたが、7月に入ってからの立て続けの自販機の撤去。住吉寮、閉鎖解体の噂が本当でそれへの布石なのか。


いつも応援クリックありがとうございます。ただいまブログランキングで1位です。

記事の外注を「このブログ的に」お願いしてみる

◾️1人の力では限界もあります

2つ前の記事に書いたように、この頃は運営者がいて記事を外注してるブログの存在が目立ちます。

メリットはあります。

1.他社の情報も掲載できる
2.生の声を反映させられる
3.報酬があるため記事提供者もブログ運営者もWIN-WIN

3番の項目は大きいんですよ。今は黎明期かもしれませんがこの手法が成熟する余地はあります。

成熟した場合、ネット上にある情報をサラッとまとめるサイトは打撃を喰らうでしょうね。


続きを読む

夏の大大残業祭り開催中止のお知らせ

◾️タイムリーに状況が変わります

積み上がる計画比マイナスを解消するため夏の大大残業祭りかと思われておりましたが、状況が一変しました。

何かとアホなことに定評のあるホンダ鈴鹿製作所の上の連中でもさすがに気づくわけです。

会社側「安定稼働できないのにちまちま残業するの意味なくね?」

たまには当たり前なことを当たり前に気づくわけです。それを火曜日のライン残業する前に気づいてほしかった、っつうのは贅沢ですね。

おそらく火曜日にラ残を強行して組合に本気で怒られたからやっと気づいた、というオチでしょうが。

木曜日のラ残は中止。来週以降も安定稼働が見込めない以上、しばらくラ残はなしになるようです。


続きを読む

鈴鹿市が移転してたことにビックリした件

◾️飛べない警察出動

質の低い量産型まとめをイジっていくこの企画。ネタ切れを起こすかと思ってたら次から次へ、次から次へと摘発対象が現れます。

時には善良な市民の皆様から通報もいただけるまでのコンテンツとなりました。ありがとうございます。

質の低いまとめはなくなってほしいと思いつつ、ブログのネタになるというジレンマを抱えております。

前置きはここまでにして、ではまいりましょう。

今回の被疑者です。とりあえず口に牛乳を含んでからご覧ください。







摘発理由
鈴鹿市が三重県から静岡県に移転していた


口に含んだ牛乳を噴いてませんか?

鈴鹿市が三重県から出ていったら鈴木英敬さん(三重県の知事っぽい人)が喜ぶではありませんか。

被疑者のブログから推察すると、静岡県に2つの製作所を構えてることになってしまいます。

続きを読む