2015年11月

名言誕生

3日前バスが35分待ちになる時間に残業終了になった時に、「あと15分だけ残業させてもらえば?」 って同僚の期間工の人に言われてたんですよね。

それを聞いて「そうやな、残業させてもらおうかな」って思いません、仕事するくらいならバスを待ちます。だけどそんな考え方はうちの職場ではマイノリティーみたいですね。

今日も夜勤で寮へ帰るバスが45分待ちになる2時間の残業で上がったわけですよ。すると入社時期が近い期間工(Aさん)が言い放つんです。

「そんな中途半端な時間なら定時まで残業させてもらえば」

????????????

????????????

????????????

Aさんの言う定時は残業を2時間半やった朝の7時15分のことだと推測してます。

君さあ、デンソー脳に毒されてるよ。

規則正しい生活なんてクソ食らえ

タイトルはちょっと過激ですね。

期間工をやり始めてからは規則正しい生活なんてものを捨て去りました。

日勤の時には○時に寝て、夜勤の時には△時に寝て8時間の睡眠。とか、そんなことはしなくなりました。

これ以上遅く起きたら遅刻だというデッドラインに目覚ましをかけて起きる以外は基本的に何も決めてません。

いつもより疲れを感じたり、風邪気味とか体調が悪いと感じたら早めに床に入り下手したら11〜12時間寝ることだってあります。

逆に、疲れとかもなく体調もいい日には睡眠時間が短くなったりします。

規則正しい生活をしようとして自分が決めた時間に寝れなくて、それで不安になって余計に寝れなくなる悪循環にハマって辞めた奴も見てきました。

体が資本である以上は体の声を聞けってこと。


定時上がり最高

月曜日が今月初の定時上がりな分、ちょっと感覚が狂ってます。今月入ってから残業のベースが2時間半で時には早出1時間がオマケでついてきてます。たかが2時間30分ですが、この時間に足が止まってしんどいんですよね。おかげで過去最高の体調で火曜日を迎えております。このまま定時上がりをもっとください。

建前論から言うと、「申し訳ないですけど残業してくれない?」と聞くのが普通。デンソーに来てから「 申し訳ないですけど、今日定時で上がってね」と言うんです。全然申し訳ないことないです、床に、頭を擦り付けてでもお礼を言いたい気分です。ずっと定時でいいですよ。

ただ、ここに来ての定時上がりは週末の休出へのフラグにしか思えません(^_^;)。あと1回どこかで残業を削れば、申請の上限まで8時間の余地が生まれます。

流動する種類や、交代のタイミングによって人が余るなら15分でも早く帰してください。

残業代でプラスしなくても充分なお給料を頂けますから。


残業してなんぼや、っていうこの体質にはまだ慣れないですね。


2015.11支給分

20日は給料日でした。万単位で書きますよ。


【支給】
15万円(赴任手当込、All昼勤、残業4.25h)

【控除】
5万円強(食事代が1.5万円)

【手取り】
10万円弱


月の途中入社だから仕方ないです。



デンソーブートキャンプ

「デンソー 期間工 ブログ」で検索したら、このブログがとうとう1ページ目に表示されるようになりました。これも、ひとえにこのブログを訪れてくれる物好きな人たちのおかげでございます。

さて、本題に入ります。

デンソーの期間工によくあるお仕事。

1.製品を設備にセット
2.スイッチをオン
3.設備が製品を加工する
4.設備から製品を取り出す
5.チェックして次工程に流す
6.最初に戻る
現役デンソー期間工で該当者は多数いるのでは?

自分の担当もそんな工程。謎を呼ぶミステリーが!

1ヶ月とちょっとで体重が入社時の健康診断から9kg減った!


なぜだ?


どうやらブートキャンプに迷い込んだみたいだ。


春が待ち遠しい

まだ冬が訪れてもいないのに、こんなタイトルの記事か。春は満了日だからです。

何処の会社の何処の部署・工程だってしんどさはあるとは思います。

が、さすがに入社からの1ヶ月で8kg減るとは思いませんでした。ホンダの車組にいたときだって最初の1ヶ月で3kgぐらいしか減ってないのに。

この地方の言葉で言えば えらいです、そもそもの工程、仕事場の室温、残業時間のすべてにおいて。


初回契約で満了、この決意は揺らぐでもなくより強固になってます。残り日数をカウントダウンしなければやってられないし、しなければバックれてたでしょう。

とりあえず今回は運が悪かったと諦めて、次回以降のためにも満了を目指します。

こういうときに思うんですよ、なぜ3ヶ月契約じゃないのかと。3ヶ月契約なら今頃、更新の希望調査が来るから「更新しません☆」って言えたのに。

ちょっと愚痴っぽくなっちゃいましたがご容赦を。




暑いぜ

確認するが、今は2015年11月5日。季節は、紅葉情報が飛び交い始める秋から晩秋にかけて。

暑さで意識が飛びかけました。

今週、まあ今月とも言うが封印していたスポットクーラーを稼働させました。工場全体の空調がないってどうよ。

ホンダだって前に在籍してた時にエアコン設備の改善したんだぜ。秋に工事始めて 稼働させ始めたのが冬の峠を越してからだったけど(この辺の詰めの甘さが実にホンダっぽい)。

仕事自体には慣れたけどたぶん更新しないでしょう。夏だと命が危うい。


安心してください、生きてますよ。

10月に入社し、その10月も終わりました。

作業にはまだ緊張感がありますが、なんとかやっています。

会社違えば文化も違う。それに戸惑いも感じているのも事実です。

1.残業が当たり前のこと
ホンダではライン残業も最長75分でしたが、2時間程度は普通です。稼ぎたい人にはいいのではないでしょうか。

2.終礼が毎日なくて金曜日のみなこと
1.と関連しますが残業がデフォであるために週1回。朝礼は毎日あります。

3.作業服での通勤OK
寮からの徒歩通勤・バス通勤、自宅からの車通勤のすべてでOK。特にコンビニなどの店の利用も特に制限されていない。

会社変われば寮の環境も変わる

1.団地の3Kをプライベートルームに魔改造
トイレは3部屋でひとつってことになります。キッチンもあり、自炊してる人もいます。壁がベニヤ板でないのでなんと快適なのでしょう。

2.大浴場のシャワーの水圧が普通
新稲生の最大の懸案事項であったシャワーの水圧が弱すぎる問題も、ここでは関係ありません。

3.休日も食堂が営業している
平日に比べたら弱冠簡素になりますが、コンビニを利用しなくて済みます。

環境の変化に戸惑いながらなんとかやっています。