2018年あけましておめでとうございます

▪️新年の挨拶

皆さま新年あけましておめでとうございます。遅いと思った人は気のせいです。

期間工たる者「仕事始めの日=元日」なので、まだ正月を迎えて6日目が終わったぐらいとの解釈も可能です。要するに2018年初の更新がここまで滞ったことをごまかしたいのです。

月曜日になりますが1月8日が仕事始めでした。何故か平成29年度になってから正規様だけが義務付けられてた式典参加が期間従業員にも義務付けられるようになったので、新年式典に参加してきました。

製作所長のJ氏の講話を聞けば聞くほど「お前、喧嘩を売っとるんか?」と聞きたくなるような内容だったのは放っておきましょう。


▪️2018年はビッグなエレファントがある

前の記事で「鈴鹿製作所でビッグなエレファントの予感」的なこと 書きました。

結論から言うとビッグエレファントあります。月曜の新年式典で明言してました。

ビッグエレファントがあるので、この先大量の人手が必要となります。

今なら手に指が5本ずつある方、日本語での意思疎通がかろうじてでも出来る方 なら受かる可能性が高いと思われます。

ビッグエレファントなので、最初に日勤(ホンダでは「平常勤務」という)の部署に配属となってもそのうち交代制勤務になるのが濃厚です。

なのでお仕事をお探しの方はぜひぜひホンダ鈴鹿の期間工もご検討ください。

守秘義務的にアウトなこと書いちゃったけど、会社の求人の宣伝と引き換えに許してね☆




続きを読む

2017年もお疲れ様でした

◾️2017年展望記事の答え合わせ

年明けに書いた記事の答え合わせでもしますね。

「第1の要因 5〜6年に1度行われるあのイベント」の欄。これはN-BOXのフルモデルチェンジのことでした。まだ、当時は発表がなかったのでだいぶぼかしてました。出だしは好調なようで、夏以降は隔週での休日買上になってます。 


「第2の要因 法改正への対応を本格的に推進」の欄。これに関しては結構具体的な話が出てきました。この年末年始に工事があるとか、平成が終わった頃に試験運用、東京五輪の頃に本格運用とか。これ以上は内容を書いたら完全に守秘義務でアウトなので、この辺で勘弁してください。


第3の要因 人事異動の欄。これは中々でしたね。
異動で涙の別れをしたはずの人が1週間で異動先から返品されるとは思わないでしょ!
ホンダの人事異動にはクーリングオフ制度があったなんて今年初めて知りました(苦笑)。それとは別の人事異動のことは次の第4の要因の欄で。


第4の要因  人間関係の欄。期間工と社員との間での人間関係でちょっとありまして・・・。結局、社員の方がチームを離れました。期間工の方は作業的にはセンスあるし、社員の方はいてもいなくても同じな感じでしたので実をとったのですね。



続きを読む

紹介会社を通すと今なら入社祝い金などが22万円、経験者なら最大32万円となる件

◾️入社祝い金追加の件

以前の記事で、ホンダ鈴鹿が人手が不足していると書きました。入社祝い金などで、またまた動きがあったので書いておきます。



2017年6月入社〜
特別手当10万円・経験者手当最大10万円・生活立ち上げ準備金2万円(ホンダから)


2017年10月
特別手当10万円・経験者手当最大10万円・生活立ち上げ準備金2万円(ホンダから)、入社祝い金3万円(紹介会社から)


2017年11月
特別手当10万円・経験者手当最大10万円・生活立ち上げ準備金2万円(ホンダから)、入社祝い金10万円(紹介会社から)

2017年12月
特別手当10万円・経験者手当最大10万円・生活立ち上げ準備金2万円(ホンダから)、入社祝い金17万円(紹介会社から)

2018年1月
特別手当10万円・経験者手当最大10万円・生活立ち上げ準備金2万円(ホンダから)、入社祝い金10万円(紹介会社から)

詳しくは下のリンクを確認してください。

ただし、「★H28年度 正社員登用実績あり」と書いてあるところには注意が必要なので補足しておきます。


詳しくはこの記事にて。


続きを読む

我が職場は風通しの良い職場(物理的)な件

◾️冬将軍到来

真冬の到来を告げる鈴鹿山脈から吹き下ろす風、鈴鹿おろしが荒れ狂ってる今日この頃。

我が所属の工場建屋においては室温の格差社会を実感できるのです。

1階なのか、2階なのか。ユニットのエリアの位置。さらにはチーム内の工程配置。

常夏の島から極寒の試される大地まで幅広い温度帯が存在してるのであります。

たかが柱1本、たかが数メートルの違い。この差が冷戦時代のベルリンの壁や、現在における北緯38度の軍事境界線のごとく立ちはだかるのです。

かくいう管理人の工程は、頻繁に部品の納入が行われる出入り口のシャッターから吹き込む風が直接当たる位置。

地獄です!

続きを読む

ホンダ鈴鹿の正規登用試験の問題点を整理してみたの巻

▪️正規登用試験開催で感じた問題点

先週の休日買上の土曜日、今週の月曜日ぐらいに正規登用試験の開催のお知らせが受験資格を要している人には行ったことかと思います。

色々物議を醸してるんですが、自分なりにまとめてみました。


1.年齢制限

最初に再度確認しますがアルバイト、パート、契約社員から社員にするときに年齢制限するのは違法ではありません。

こういったことを前の記事に書いたら某期間王ブログにコピペされてるのは気のせいですかな?

話を戻します。

今回の正規登用試験は昨年とは違って公式に年齢制限が設定されてます。終礼で正規登用試験開催のお知らせ聞いたときに「やっちゃったな」と思いました。

受験資格に年齢制限を設けないことで、30代以上の人が自らの意思で登用試験を受けない選択をさせることが必要だった 思うんです。求人広告で「正規登用実績あり」と餌を撒いて期間工集めた以上は。

表向きでは年齢で区切るのではなくて受験させた上で「正規登用にいたるまでの能力が足らなかった」、「特別な能力とかなくて同等であれば若い方を採る」という理由で落とせばいいんです。

極端なこと言うと、書類を出させて生年月日が「昭和」になってる時点で採用担当側が足切りすればいいんです。



2.不定期開催

ホンダ鈴鹿が2011年7月に期間工受け入れ再開してから正規登用試験が開催されたのは3回。

・2014年4月(28歳以下)
・2016年12月(表向きは年齢制限なし)
・2017年12月(28歳以下)

昨年と今年は12月開催ですが、昨年は12月下旬にお知らせ来たのに対して今年は12月頭に来ました。

開催時期や応募条件などやるごとに変動し、はっきりとしたレギュレーションが未だに定まってません。

昨年開催時、表向きは年齢制限なしだったので受験するかどうかは一応聞かれました。

開催時期なんですけど、次回も来年12月にやるかと言えば確信は持てない。製作所側が「毎年12月に開催します」と公式に言わない限りは。


続きを読む

ホンダ鈴鹿期間工、正規登用試験年齢制限復活のお知らせ

▪️正規登用試験開催のお知らせ

昨年は表向きは年齢制限はありませんでした、表向きはね。今年は去年とは変わり、以下のような年齢制限が復活しております。

・2017年4月1日時点で28歳以下

年度言ったら1988年度以降に生まれた人が対象ですね。

【自分の部署の場合】
終礼の際、口頭で受験資格が発表されました

【同じフロアの別ユニットの部署の場合】
対象年齢者のみにチームリーダーから話が言った模様




続きを読む

2017年個人的流行語大賞を決めた件

◾️個人的流行語大賞ノミネート作品

今年もこの季節がやってきました。年末に行う個人的流行語大賞のお時間です。気づいたら第3回となってました。今年はユーキャンがやる新語・流行語大賞と開催時期を合わせてみました。

ここで過去の年間大賞とその発言の背景を振り返ってみましょう。

2015年大賞
「定時まで残業させてもらえば?」
デンソー在籍時の同僚のひと言。当時、夜勤の残業は2時間半がデフォだったため、1時間の残業で上がったため高見台寮行の次のバスが50分後だったときに出た言葉。


2016年大賞
「2勤のとき私は何時に起きればいいんですか!?」
ホンダに赴任したとき、同日入社の期間工に聞かれた質問。ひと言でいえば「知らんがな」と言いたくなる質問でありました。

と、中々濃い発言が大賞を受賞しました。それではまず2017年のノミネートをご覧ください。



エントリーNo.1
いつになったら戻れるんですか?

入社して半年経つが作業を習熟できない。インパクトレンチでボルトを締める作業が絶望的にできないせいで、よそのユニットに飛ばされた逆勤務の♀期間工。

反対勤務のリーダーがはっきりと「おめえインパクトもまともに使えないから、うちにはいらない」とはっきりと言わなかったせいで、応援に出されたものと勘違いしてしまった。

飛ばされた先の部署では生産機種の変動に伴う部署異動の大粛清が行われたが、それを回避して生き残ったみたいなので合った場所が見つかってよかったですね。


エントリーNo.2
2階って天井の上ですよね?

ある日、2階の部署の設備トラブルでラインストップ。

「2階が止めてる」の言葉に対して言った同じ期間工の言ったひとこと。1階にいたから間違えてはいないが、まれに中2階があるので注意されたし。

続きを読む

決まり手は寄り切りで会社側の勝ちの巻

▪️12月、休日買上が増える

一度は潰された休日買上を増やすもくろみ(関連記事)、今回は逆襲とばかりに12月23日にねじ込むことに会社は成功したのです。

会社「11月25日に入れたら3週連続になっちゃってたじゃん」

会社「流石にそれはまずいと思った、申し訳なかった」

会社「そこでなんだけど」

会社「12月23日に休日買上なら3週連続にならないじゃん」

会社「今の状況をどうにかしなきゃいけないのはわかるでしょ?」

こんな事を言ったか言わないかはさておき、会社側は少しばかり手の込んだ交渉術に出たのです。

前回は2週間前に3週連続となる休日買上を入れようとし、組合はそれを突っぱねました。今回は3週間前にお伺いを立て、もし休日買上となっても年末年始を挟め3週連続の休日買上にはならないところを攻めてきました。

急すぎる無茶な要求をしたのち、ちょっと猶予期間を起き現実的なところ・折り合いがつけられるところを提案する。この辺りの駆け引きをするあたり、いつもの会社側とひと味違います。

流石の戦闘力最強のホンダ労組も折れ、寄り切られる形で12月23日は休日買上となりました。これで12月の稼働日数は異例の24日となります。


続きを読む

来年からのホンダ鈴鹿期間工採用面接の鈴鹿会場の行方が気になる件

▪️鈴鹿製作所のクラブハウスは年季物

ありえない月収例を出すことで定評のある期間工情報サイトでは相変わらず募集がかかっております。

お膝元の鈴鹿での面接会場は、地元民の期間工ならおなじみの製作所正門向かいにあるクラブハウスとなっております。

ここのところ赴任者と地元民の割合でいうと地元民が増えてるから、行ったことある人は多いでしょ?特に鈴鹿市在住の期間工とか。

さて、このクラブハウスは築何年でしょうか?こちらの航空写真をご覧ください。

1961〜64年に撮影された航空写真です。現在とは比べ物にならないぐらいの小規模な鈴鹿製作所。

近鉄鈴鹿線の平田町〜鈴鹿市駅間が1963年に延伸開業となったのですが平田町駅近辺は線路のせの字もありませんので、61年か62年の写真だと推測されます。

その頃からクラブハウスは現在地に存在しております。1960年、昭和35年建立とのことです。

その頃にはまだ住吉寮、稲生寮、新稲生寮、住吉ハイツの存在はありません。その頃の主力は岡田寮(現:マックスバリュ岡田店)だと思われます。


続きを読む

今は亡き"魔境"新稲生寮と比べて住吉寮がどれほど恵まれてるか説明するの巻

▪️現在の住吉寮をがっつりと説明

解体の噂が流れつつも新規入寮を再開した住吉寮。本日もまた新規入寮がありました。

住吉寮は平成の終焉も近づく中、今もなお昭和の香り・ノスタルジーを感じられる仕様となっております。

国土地理院の航空写真を見れるサイトで確認すると、1970年代に建てられたのが推定されます。

※情報が入りまして1972年ごろ建立らしいです。冷テロさん、情報ありがとうございます。

寮、その周辺には多様な生き物が共生しております。

・当ブログ管理人を含めた非普通人
・いるのかは怪しい絶滅危惧種の普通人
・ムカデ
・ゴキブリ
・バッタ
・コオロギ
・カマキリ
・ネズミ
・クモ
・ヤモリ
・マムシ
・野良犬
・クモ
・名も知らぬよくわからん虫

1F、2Fの低層階に入寮の方は特にこういった生き物にご注意ください。

住吉寮といえばよく噂や質の低いまとめサイトでヤバイとか言われてます。ソースはこれだと思うんです。

かつてはこんな風に治安がよろしくありませんでしたのは事実です。当時の住吉民に聞きましたから。

時が経ち、ヤバイ奴はこぞって満了し退寮していきました。今はいても1人や2人ですから。(洗濯機あるところで雄叫びあげてた彼は最近見ないけど満了した?)

昨年夏に自分自身が住吉寮に入寮して以来、救急車やパトカーなど来てるのを見てないので現在では平穏であるといえます(※管理人基準)。

風呂の洗い場のう○こ事件、鉄パイプ事件とか、寮内怪文書騒動とか新稲生寮もエンターテイメントに溢れてましたから。


よっぽど新入りが頭おかしくない限りは、住吉寮はまあまあ普通に暮らせます。

※ただし管理人基準


続きを読む